日本ムーブメント教育・療法協会

協会について

ムーブメント教育·療法が目指すこと

 ムーブメント教育・療法は、子ども(対象者)の自主性、自発性を尊重し、子ども自身が動くことを学び、 動きをとおして「からだ(動くこと)」と「あたま(考えること)」と「こころ(感じること)」の 調和のとれた発達を援助します。
 従来の単なる体育遊びや体育指導ではなく、また、医学療法を中心とした治療訓練でもありません。 対象の子どもたちだけでなく、指導者や保護者も含めて誰もが歓びと充実感を実感できる、人間尊重の 教育・療法であり、今日の特別支援教育や家族支援などの要請に応えられる、いわば“第三の教育”を めざす教育・療法であるといえます。

 この教育・療法は、アメリカの著名な知覚-運動学習理論家である、マリアンヌ・フロスティッグ博士 (Frostig.M)が、1970年にムーブメント教育・療法の理論や実践の著書を公にし、体系化を行ったものです。
 その中で、適切なムーブメント教育(運動)が「なぜ子どもに必要か」を明らかにし、 それを教育・療法の基本として位置づけたところにその特徴があります。アメリカやドイツなど欧米では、 一般の体育授業の中でも盛んに取り入れられています。

 日本においては、1977年に横浜国立大学教授の小林芳文博士がM・フロスティッグ博士の ムーブメント教育・療法を紹介し、ライフワークとして取り組まれて以来、全国の保育園・幼稚園・ 小学校・中学校・特別支援学校などの教育機関だけでなく、重症心身障害児(者)施設、 独立行政法人国立病院機構をはじめ医療機関、地方自治体でのニューリハビリテーションとしても広く応用されています。

会長挨拶

健康と幸福、笑顔を支える新しい風
~ムーブメント教育・療法~

小林芳文 博士

小林芳文 博士

 米国のM . Frostigのムーブメント教育が日本に紹介されて、ほぼ30年になります。 その間、ドイツのE . Kiphard、スイスのS . Naville、そして、我が国の教育、医療関係者らの協力で、 日本独自のムーブメント教育・療法が開花しました。子どもの健康と幸福感の達成を中心ゴールとする ムーブメント教育・療法は、障害のある子どもの教育や療育に最も利益を与えてきました。 そして、今日、特別支援教育での自立活動はもとより、小学校・中学校での新しい体育、家族支援活動、 保育、療育プログラム、ニューリハビリテーションとしてのシルバームーブメントなど、様々な実践の場で 、強く必要とされる時代になりました。

ムーブメント教育・療法は、様々な遊具や音楽、プールやトランポリン、パラシュートなど、 動的な環境を取り込んだアプローチであるが故に、遊びの要素を含んだ楽しい環境を使いながら、 自発性と人間の尊厳を大切にする全包囲的な活動で、そこに参加するすべての人々の笑顔と優しさを支える、 まさに現代の文化や社会にマッチした教育・療法であるといえましょう。

1991年に設立された日本ムーブメント教育協会は、ムーブメント教育・療法の研究と実践、 そして、認定ムーブメント教育・療法、初級・中級・上級指導者養成に取り組みながら、1998年には 日本ムーブメント教育・療法協会と改名、2006年3月、特定非営利活動法人を取得しました。 この協会が、我が国のムーブメント教育・療法の拠点として発展していくことを祈念しています。


特定非営利活動法人 日本ムーブメント教育・療法協会会長
国際ムーブメント教育・療法学術研究センター所長
小林 芳文